<< 分野は違えど | HOME | ラフ画が好き >>
2012/10/22 (Mon) 23:55
サントリー美術館「お伽草子」展へゆく。

中世の絵巻物がこれでもかと並ぶ。
絵巻は、元々ほんの一握りの高貴な人しか見られなかった。
室町時代も後期になって、ようやく文化を享受できる人々の裾野が広がっていく。
絵巻の絵と世界観に、時代の自由な空気があふれている。

そういう躍動している時代が、めちゃくちゃ面白いと思う。

そして、これからがまたそういう時代になっていくのだと思う。



本・展覧会・旅ほか心の栄養 | - | -